ピーリング石鹸 アイナソープ400【アイアイメディカル】ピーリング石鹸 アイナソープ400
2,940円

ピーリング石鹸「アイナソープ400」 にきび・にきび跡予防に!
Ads by 電脳卸
送料無料 アイナソープ400 3個セット【アイアイメディカル】送料無料 アイナソープ400 3個セット
8,820円

アイナソープ400 3個セット 送料無料
Ads by 電脳卸
送料無料 アイナソープ400 5個セット【アイアイメディカル】送料無料 アイナソープ400 5個セット
14,700円

ピーリング石鹸「アイナソープ400」 にきび・にきび跡予防に!
Ads by 電脳卸

  

☆ ブログラム参加中!応援ポチっとお願いします! ☆ blogram投票ボタン

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.07.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

チーズはビフィズス菌を増やします

チーズはビフィズス菌を増やします
 
 
 
 チーズは直接食べたり、様々な料理に使いますね。
 
 チーズフォンデュやチーズケーキ、ピザにも欠かせませんし、サンドイッチやグラタンなどもあります。
 
 そんなチーズの秘密に迫りますよ。
 
 
 ○ チーズとは
 
 チーズとは、牛・水牛・羊・山羊・ヤクなどからとれる乳を原料とします。
 
 凝固や発酵などの加工をしてつくられる食品(乳製品)の一種ですよ。
 
 
 ○ チーズの種類(ナチュラルチーズ)
 
 加熱処理されていないもので、原料、熟成の手段、仕上がりの状態などによって分類されます。
 
 ・フレッシュチーズとは、熟成させないチーズ。常温での保存はできません。
 ・ウォッシュチーズとは、表面に菌を植え付けて熟成、それをワインや塩水などで洗い流す過程を経たもの。
 ・白かびチーズ (ホワイトチーズ)とは、表面に白かびを植えつけて熟成。
 ・ブルーチーズ(青かびチーズ)とは、内部に青かびを植えつけて熟成。
 ・羊乳チーズとは、羊の乳を原料としたもの。
 ・山羊乳チーズとは、山羊の乳を原料としたもの。
 ・セミハードチーズとは、加温・加圧などで水分を除去する過程を経たもの。
 ・ハードチーズとは、セミハードと同じ方法で、さらに水分を少なくしたもの。
 
 ○ チーズの種類(プロセスチーズ)
 
 加熱・溶解させることで発酵を止め、長期保存に適した状態にしたもの。
 
 ・スモークチーズとは、プロセスチーズを、燻製の製法と同じように燻したものです。
 
 ○ チーズでおなかスッキリ
 
 チーズにはプロフェックという成分が含まれています。
 
 プロフェックとは、乳清をプロピオン酸菌で発酵させたものです。これはビフィズス菌を増やしてくれますよ。
 
 ・乳清とは、牛乳から脂肪分などを取り除いた後に残るもの。
 
 ・プロピオン酸菌とは、チーズ製造に使われる有用菌です。
 
 ・ビフィズス菌とは、腸内環境を整える善玉菌です。
 
 
 
JUGEMテーマ:ダイエット

シナモンが「スパイスの王様」と呼ばれる理由

シナモンが「スパイスの王様」と呼ばれる理由
 
 
 
 香辛料としてのシナモンは人気がありますね。
 
 かすかな辛味や独特の甘みと香りがあり、カプチーノやアップルパイ、シナモンロールなどの洋菓子の香り付けに幅広く使われています。
 
 
 ○ シナモンとは
 
 シナモンとは、熱帯に生育するクスノキ科の常緑樹の名。その樹皮から作られる香辛料の名でもあります。
 
 生薬として用いられるときには桂皮と呼ばれます。
 
 特徴的な芳香成分はシンナムアルデヒド、オイゲノール、サフロールなどです。
 
 
 ○ 香辛料としてのシナモン
 
 シナモンの樹皮をはがし、乾燥させたものを香辛料として使用します。
 
 独特の甘みと香り、そしてかすかな辛味があります。
 
 粉末状に加工したシナモンパウダーや、樹皮のまま細長く巻いた形のシナモンスティックなどもあります。
 
 
 ○ シナモンの体での働き
 
 毛細血管が衰えると、毛細血管の外壁と内壁の間が緩んで、血液中の水分が細胞内へ漏れてしまいます。むくみの原因となってしまうんですね。
 
 シナモンの期待できる効果としては、崩れかけた毛細血管を修復、むくみの解消があります。
 
 シナモンは血管を丈夫にしてくれるんですね。
 
 
 
JUGEMテーマ:ダイエット

コンニャクのレシピを考えてみる

コンニャクのレシピを考えてみる
 
 
 
 コンニャクは低カロリーでダイエットに役立ってくれますね。
 
 コンニャクを使った料理も数多く存在します。
 
 そんなコンニャクの世界をちょこっと覗いてみましょう。
 
 
 ○ コンニャクとは
 
 そもそもコンニャクとはなんでしょう?
 
 コンニャクとは、サトイモ科の植物、またはその球茎から製造される食品です。コンニャクを食用としている国は日本、中国、ミャンマー、韓国などですよ。
 
 
 コンニャクはサトイモ科の夏緑多年草植物で、地下茎はコンニャクイモ(蒟蒻芋)と呼ばれます。原産地はインドやインドシナ半島で、東南アジア大陸部に広く分布していますよ。
 
 
 ○ コンニャクの作り方
 
 通常コンニャクと呼ばれる食品は、コンニャクイモに含まれるコンニャクマンナンという多糖を糊化し凝固剤を用いて凝固させたものです。
 
 凝固剤には、炭酸ナトリウム水、酸化カルシウム、草木灰などがあります。
 
 「コンニャク用凝固剤」は市販もされていますよ。
 
 
 ○ コンニャクの成分
 
 コンニャクは96〜97%が水分からなっていて、水分を除くと主成分は多糖類の一種コンニャクマンナンです。
 
 カロリーが低い食品の一つとされています(100gあたり5-7kcal)。
 
 食物繊維もあり、血糖値や血中コレステロールを下げる効果や免疫増強活性があると言われていますよ。
 
 
 ○ コンニャクの種類
 
 四角形の板状のものは「板こんにゃく」で、これをところてんのように細く角状に突き出したものを「つきこんにゃく」といいます。
 
 完全に凝固する前に糸状に固めたものを「糸こんにゃく」。
 
 「糸こんにゃく」より細く固めたものを「しらたき」といいます。
 
 
 
JUGEMテーマ:ダイエット


   

最新記事

カテゴリー

archives

おすすめ リンク

フリースペース

[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス [stmx] - ソーシャルマーケットプレイス [stmx] - ソーシャルマーケットプレイス [stmx] - ソーシャルマーケットプレイス [stmx] - ソーシャルマーケットプレイス

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM